プロフィール

SeabornArt

Author:SeabornArt
私たちは海岸清掃時に集めた漂着物を「海からの贈り物」としてとらえ、
これらを利用したアート創作を通じ海の環境美化啓発活動をしています。
海から生まれた美術なので
「シーボーンアート/Sea Born Art」
と名づけました。
このアートを通じ海の環境に興味をもって頂ければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぎさの守人シンポジウム2011 中央大会 

東京は真冬に逆戻りというほどの寒さと雨の中、「なぎさの守人シンポジウム2011 中央大会」に参加してきました。

全国漁連協同組合連合会主催のシンポジウムです。
110228-E-mamorihito-imag.jpg

「なぎさは海のゆりかご」と言われるほど、漁師さんたちにとって環境保全は生活を守るためにも必死なんですね。

全国各地の漁業組合関係者が、保全活動事例を発表するシンポジウムとなっており、さまざまな漁民による取り組みが紹介されました。
110228-E-mamorihiro-kouen.jpg

漁民にとって、「なぎさ」とは…藻場・干潟・サンゴ礁・ヨシ帯を示すようです。
確かに、渚の定義はあいまいなのです。
多くの辞書には、「渚とは、海・湖などの波打ち際」とありますが、生活の場によって、波打ち際の海側なのか、岸側なのかが、違うようです。
ちょっと面白い発見のような気がしますが、いかがでしょうか?

というわけで、全国の漁組の環境保全活動の事例を知ることができ、どこでも環境が損なわれて初めて気づく…そんな図式を再認識しました。
確かに、目に見えて、体に感じて初めて、気づくこともたくさんあるのかもしれません。

波打ち際の海側のなぎさは、漁民の方々のほうがよくご存じでしょう。

では、波打ち際の陸側のなぎさは、一般市民である私たちが監視して、保全活動をするという、簡単な図式を確立してきたいものです。

みな、想いは同じで、「昔のような豊かな海を取り戻し、次世代にきれいな海を残したい!」
まさに、私たちも同じですよね!!

と、本日は、ちょっと深いい話になりました?!


このシンポジウムの部屋の脇では、海藻押し花の展示もしていました。
(実は、こちらの閲覧が参加の目的だったりしますが…)
110228-E-mamorihiro-SW2.jpg

110228-E-mamorihiro-SW.jpg
ちょっと手の込んだ海藻作品から、学名入りの展示見本までたくさんありました。

海藻押し花のしおりなどもいただいてきちゃいました!


海藻押し花といえば、シーボーンアート海藻教室が3月12日(土)に開催されます。
久しぶりの開催ですよね。
春めいてきた渚には、新しい海藻がどんどん打ちあがっていますので、旬な海藻も使えますよ!
ご予約が埋まってきていますので、お早めに!!
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

tag : シーボーン アート 海藻 環境 漁連 シンポジウム

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。